2019年04月18日

中国の郷土料理4

今回は前回に告知した通り皆様ご存知順徳菜です。

 今回行ってきた海鮮料理のお店です。最初に一人当たりかかった費用を話しちゃいます。1500円でした。
 順徳1.jpg

 一階にはお決まりの生け簀があり魚や貝や蛇などがいました。そこで選んだのがミル貝です。私が貝の中で一番好きなのでネギショウガ炒めにしてもらいました。このミル貝独特の味と香りがたまりません。
 順徳2.jpg

 次はチャーハンです。揚州炒飯は中国でも一番有名なのであえて頼んでみました。アスパラの食感と中国のお米がバランスを出していました。
 順徳3.jpg

 やはり広東省に来たらこれ!焼鵞です。これは言わずと知れた味ですね。是非皆様も中国でこの味を経験してほしいです!日本の焼鴨とは違います。
 順徳4.jpg

 これは日本では食べられないでしょう。胡椒の葉っぱのスープです。これがまた絶品でした!
 順徳5.jpg

 夕食だったのですが無理を言って順徳の焼売をいただきました。広州市で食べた味とは違い、肉の触感が際立ってました。これは美味しいです。
 順徳6.jpg

 順徳はやはり料理がおいしいですね。次回は二度目の訪問となった福建(福州)の料理をご紹介します。
posted by りっきー at 13:10| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: