2018年11月23日

本場広東省の料理1

今回広東省仏山市高明県で初の世界大会が開かれました!高明県出身者が世界各国へ生活拠点を置き生活をしております。その同郷の方々が一堂に集結した会となりました。今回の参加者は600名を超え盛大に会が開かれました。私はそこに参加をいたしましたが詳細などは各中国メディアで大々的に取り上げられていたので今回は私の専門である食にスポットを当てて紹介していきます。
まず、一回目は中華風のフランスパンととうもろこし餅。おそらく日本で出しているお店はほぼ見たことが無いのですがすごく美味しくてレアなものだと思います。
 中華風フランスパン
 中華風フランスパン.jpg
 こちらなんですけど周りはサクサク!中は食パンのようにふわふわしております。これは広州市番禺区の田舎で食べたものです。
レストラン村.jpg
 ここのレストラン。もともと下には池がはってあり、普段は魚やアヒルなどを飼っています(養殖)。今回は改装中で水が無い状態でした。
 そしてもう一つはとうもろこし餅を紹介。
とうもろこし餅.jpg
 こちらがとうもろこし餅。周りはサクサクになっていて中はダイコンモチのようにトロトロで粒粒でとうもろこしが入っております。
 ダイコンモチにとうもろこしをいっぱい加えた感じです。ウチでも作れそうですけど。結構美味しかったです。
 ということで第一弾はこの二種類の料理をご紹介させていただきました。
posted by りっきー at 09:18| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: