2018年06月10日

ちまきをアウトレットで6月中は100個限定販売します!

本日6月10日からですがチマキを限定で100個アウトレット会場にで販売します。
広東風のチマキです。横濱中華街が出来た当時からの作り方を
そのまま再現。脈々と受け継がれてきた製法を守ってます。
今回初めてアウトレットで販売をいたします。
お値段もどこよりも安いので是非ご来場いただきご確認ください!
34875745_495222077577247_3813243712541032448_n.jpg
35051306_495222107577244_1801807255335600128_n.jpg

チマキの歴史
中国の伝説では、楚の愛国者だった政治家で詩人の屈原が、汨羅江(べきらこう)で入水自殺した後、民衆が弔いのためのほか、魚が屈原の亡骸を食らって傷つけないよう、魚に米の飯を食べさせるため、端午の節句の日(端午節)にササの葉で包んだ米の飯を川に投げ入れたのが起源とされる。このため、中国などで端午の節句に食べる習慣がある。

実際の考証でも、2000年あまり前の戦国時代には出現していたと考えられる。西晋(3世紀)の周処は『周処風土記』に「仲夏端午、烹鶩角黍。」(夏の端午の節句に鶩角黍を調理する)と記しており、粽のことと考えられる。
posted by りっきー at 12:29| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: