2020年08月06日

八戸にある小川原湖の天然うなぎ

記録をしておくべき逸品のご紹介です。今まで出会ったことのない味、食材がここにはありました!夕飯は1週間前から話していたうなぎで、奇跡的に小川原湖で400gオーバーの天然うなぎが釣れたので楽楽という八戸丸の内にある料理屋でフルコース!調理してもらうことになりました。まずはウナギの骨せんべい。400gオーバーのウナギはさすがに骨も太く食べ応えがありました。次がうまきと肝焼きIMG_8005.JPGうまきはこのお店の技術と天然ウナギの身のホロホロ感は養殖ものとの違いをまざまざと見せつけられる逸品と感じました!肝焼きもさすがに大きなウナギなので肝がきもなんだな〜食べた人にしかわからないんですけど。。
そして白焼きと大野の夏松茸と糠塚きゅうり添えIMG_8006.JPG白焼きも本当に上質な脂しかのっていないので本当に美味しいです!身のホロホロ感、うなぎの食感ではないです。ずっと食べてられる感覚です。そして今が旬の早期マツタケは食感がかなり良いです。キュウリも普通のキュウリではなくメロンのような味のキュウリでした。
次は兜煮ですIMG_8007.JPG少し味を濃くしてに付けてありますが豆腐が添えてありバランスが取れてます。生山椒もマッチして絶品でした。
糠塚きゅうりのうざくIMG_8008.JPG私は結構うざくがすきなんですけどこのうざくは天然うなぎの特徴を生かした味付けにしてあり、かなり薄く味をつけていて天然うなぎなので普段食べられるうざくとは別物でした。
鰻重
IMG_8009.JPGお腹がはちきれるほど食べた後にこの鰻重の量!食べられないほどでしたが頑張って食べました!バイクに乗って遠路はるばるだったので頭痛がしていて、その中での美食ツアーでこんなに食べたのは30年ぶり!そのくらい食べすぎて気持ち悪くなってしまいシェフの自宅に泊めてもらってすぐに朝まで寝てしまいました。本当に天国にいる気分でした。
最後に夏マツタケのお吸い物とメロンをいただきました。
IMG_8010.JPG
最後に八戸にはこうした自然との調和を大事に育てた食財、歴史、習慣がある事を知りました。本当に貴重な経験でした。今日本が抱えている悩みがこの町には無いように感じてしまってました。治外法権なのか完全に整っている自給自足で本当に美味しいものを食せる町。それが八戸だと感じました。天然うなぎは釣ってウナギに傷をつけないように極力カエシを抑えたハリになっていて魚のストレスをも考えている素晴らしい町でした。本当にお世話になりましてありがとうございました。また次回必ずお邪魔することになると思います。
IMG_8011.JPG
posted by りっきー at 13:15| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月05日

八戸いちご煮編

出張2日目。記録をしておくべき逸品のご紹介です。今まで出会ったことのない味、食材がここにはありました!まずはお昼のランチ。IMG_7980.JPG
いちご煮を注文してみました。なぜいちご煮?というのか今回アテンドをしていただいた八戸出身で味の探求を常にしているフランス料理界の巨匠、巴シェフに聞いてみるといちごとはこの時期にできるラズベリーの事で八戸ではこんな感じでIMG_7993.JPGたくさん自生してます。
雲丹をお吸い物の具として使用すると表面の模様がラズベリーの粒々に見えることからきているようです。
IMG_7994.JPG
こちら波光食堂さんでいただきました。https://hakoshokudo.hp.gogo.jp/pc/
磯の香りとアワビの身が入っていて、すごくさっぱりした出汁が最高に美味しかったです。
今回生まれて初めて雲丹丼と磯ラーメンもいただきました!
IMG_7981.JPG
雲丹丼とラーメンのセットにいちご煮でこんなに贅沢なランチができて本当に幸せでした!
雲丹は八戸産を知っている人は他の雲丹が食べられなくなるほど濃厚で、ミョウバンを一切使わず価格も高価、日持ちもあまりしないので地元八戸以外では流通していない幻ともいえる逸品。それを丼にしているのは本当にすごいことです。臭くなく昆布の香りが漂う、現地に行かないと食べれない逸品でした。また来年従業員を連れて行きたいと思ってます。
次回は小川湖の天然うなぎを紹介します。
posted by りっきー at 10:57| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月02日

気仙沼、仙台出張

今回の出張は今大盛況である通販サイトhttps://daichin.kitchen/でリッキーのおまかせアウトレットセットの内容を旬に応じて変化させていく。
という私が5年前から抱いていた構想です。今回車ではなかなか行けない林道を通ったり険しい道を通過しながら食材を探し求める旅みたいな出張を勝手ながら実現させていただきました!今回出張で行った先は気仙沼、仙台、八戸です。皆様ご存知の通り気仙沼は震災の影響でかなりのダメージを受けており通れない道などもあるのかと思っていったのですが道路整備はかなりの勢いで進んでおり予想以上に整っておりました。今まで大珍楼で仕事をしていた時代にお世話になったふかふか村へ行き、今回フカヒレの仕入れをしてきました。IMG_7970.JPG
気仙沼港にあるシャークミュージアムが入っているところでランチ。おまかせ海鮮丼をリアスキッチンというお店でいただきました。今が旬のカツオなどが入っており新鮮でおいしかったです。フカヒレの仕入れはふかふか村の工場長と相談して私のやりたい方法を伝えてサンプルが送られてくるのを待ちます。奇跡のフカヒレを復活させますので、お楽しみに!ネットで限定販売となりますが買うことができます。まめにチェックをしてくださいね。今回はYouTube番組で放送をしてからの販売となります。https://www.youtube.com/channel/UC5RqtWoag6-pkU16fMvutCwこちらのYouTube番組を是非登録しておいてください。フカヒレの仕入れをした後は仙台宿泊と視察のために戻ったのが仙台港。こちらも震災でダメージがあり復興。「みなと仙台ゆめタウン」という土地区画整備事業が行われており、一気に都市開発が進んだように思えます。ここには観覧車があり三井のアウトレットがありました。夜は牛タンをいただきました。仙台も東京のようにすごく都会になった印象が大きく残りました。次回出張後半では八戸に入ります。今回は私の記憶に残る味の紹介となります。記録をしておくべき逸品の数々です。今まで出会ったことのない味、食材があり本当にお勉強になりました。次回ご期待ください。

posted by りっきー at 08:34| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする